スタッフ紹介 | スリング専門店pu-pi

2021/04/29 21:57

店長  船戸直子

神奈川県出身、ふたご座A型、男児ふたりの子育て奮闘中。

文化服装学院を卒業後、アパレルメーカーや舞台芸術の現場で、もの作りに携わる。
東京で長男を出産後、夫の故郷である岐阜県へ移住。岐阜で、仕立て屋 SU MISURA の店長 麻紀さん(pu-pi の店長も兼任)に出会い、洋服の仕立ての手伝いとスリング製作を開始。

pu-pi のスリングが、人と人、思い出と思い出を繋ぐような存在になれたらいいなと思っています。
カレーライス、カレーうどん、インドカレー、タイカレー、スープカレー、カレー全般何でも好きです。美味しいカレー屋さんがあったら教えてください。

◆◆◆店長のお気に入りスリング◆◆◆

フレンチリネン わかば


使い込むほどに落ち感が出て、サラリとしたとても気持ちの良い素材です。なかなか見かけないさわやかなグリーンは、男女兼用できるのも魅力。


◆◆◆Instagram◆◆◆
インスタグラムで、pu-pi の日々の活動や新着商品のお知らせなど配信しています。ぜひフォローしてください。


◆◆◆ぷーちゃん◆◆◆
pu-piのトレードマークになっている、バクのぷーちゃん。




モデルになっているのは、名古屋市の東山動物園で飼育されていたマレーバクのドリー(メス)です。

2mほどもある大きな体で、のっしのっしと歩く。白黒の模様が、なんだかオムツをはいてる赤ちゃんを彷彿とさせて、つい顔がほころんでしまいます。

ところで、バクは夢を食べて生きていると言われますが、それは「獏」という架空の生き物のことだそうです。ドリーちゃんとは別人(別バク)なんですって。

でも、pu-piのぷーちゃんは、子供たちのオバケの夢なんかが大好物!こわい夢を見たら「ぷーちゃんにあげます!」と唱えてみて。二度と同じ夢を見ませんよ。

子供たちに、楽しい夢だけを与えてくれるぷーちゃんを見習って、pu-piもみなさんに楽しい子育てライフを提案できたらと願っています。皆様に末永く愛されるブランドを目指し、ぷーちゃんと共にのっしのっしと地に足付けて歩いて行きたいと思います。